About

Takayo Glicina

1979年10月15日生まれ 東京出身

以前はレベルミュージックシーンで活躍するミュージシャンのライブ写真を撮っていました。

出産を経て息子はもちろんお友達の写真を撮らせてもらう機会が増え“bebefoto”活動を2015年にスタート。

妊娠中に見つかった子宮頸ガンの進行が予想以上に進行していることが分かり、日々の些細なことを撮っておかなければ!! と再認識。

あとどのくらい息子を撮れるのだろう...寝顔をあと何回見れるのだろうと泣きながら過ごしていた日々もありましたが、現在は無事に闘病生活も終え経過観察中。

いろいろなご縁で繋がったお友達のお写真を撮らせてもらっています。

病気のこと

2014年9月 妊娠8ヶ月、子宮頸ガン高度異形成が見つかる。 

2014年10月出産後に治療を施すという医師の判断のもと、アルゼンチン・ブエノスアイレスへ渡亜。

2015年1月無事に出産。 

2015年7月入院に踏み切れずレーザー蒸散術を受けるが、高度異形成(HSIL)が続く。(息子が生後6ヶ月)

2015年9月日帰りで円錐切除が受けれる病院へ移る。 検査と経過観察。 

2016年5月円錐切除を受け、浸潤ガンが見つかる。

2016年7月子宮頸ガン、ステージⅠb1期。準広汎子宮全摘を受ける。 

再発防止の検査と経過観察中。後遺症のリンパ浮腫と付き合いながら現在に至る。